一般社団法人 日本クリティカルケア看護学会

代表理事挨拶

日本クリティカルケア看護学会 代表理事挨拶

高度先進医療が実施される場でもあるクリティカルケアでは、さまざまな先端医療における看護が実践されます。さらに、施設内での看護だけでは無く、プレホスピタルケアや地域医療など、よりグローバルな視点でのクリティカルケア看護が求められることもあります。そのため、看護の専門性は高く、幅広い知識や的確なスキルが必要となります。

本学会は、こうしたクリティカルケア看護学の発展に寄与することを目的にしています。臨床看護実践、看護研究、医療政策への関与など、多様な場面で学会が寄与することによって、看護の専門性を高め、看護師がより確かな知識と高度なスキルを身につけられるようサポートが出来ればと思っています。

学会が設置している各委員会では、クリティカルケア看護学の発展を目指し、その成果を生み出せるよう活発な活動をしています。また、年1回開催される学術集会では、研究発表の場を中心とした活発な議論によって、クリティカルケア看護の質向上を果たしてきました。

前代表理事の黒田裕子先生から引き継いだ本学会の基本方針を継承し、さらなるクリティカルケア看護学の発展に寄与できるよう全力を尽くしていく所存です。どうぞ、皆様のご支援とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

山勢 博彰
山口大学大学院医学系研究科